OAPC(Osaka Association of Psychiatric Clinicks) since 1970 公益社団法人 大阪精神科診療所協会

  • HOME
  • 資料
  • 精神障害者の就労を支援する立場の方に

資料

精神障害者の就労を支援する立場の方に

精神障害を持つ人の多くが、実際は働きたいのに適当な職がないことに悩んでいます。働くということは、そのこと自体が自己価値観や達成感に繋がり、もちろん経済的な側面からも大切なことです。精神障害を持ちながら、普通に生活を続けるためには、その人それぞれの弱点について周囲が理解を持つ必要があります。疲れやすくなったり、周囲の人に上手くとけ込めないということだけで、適切な働く場が見つからなかったり、働いても長続きしないということも少なくありません。このようなことに、周囲が少し配慮するだけで、もっと多くの障害を持つ人が働きながら生活が出来るようになります。

しかし、一方では働くことを過剰に重要視してしまい、「働けないのはダメなこと」と思いこんでしまう人が少なくないことも、逆に障害を持つ人が働きにくくなってしまう原因の一つです。病気に時期や調子によって、働くこと自体が病気の進み行きにマイナスに作用することもあります。精神疾患の場合は、十分な休養が必要な時期が長く続く場合があります。そのような場合は、焦らずに気力が戻ってくるのを待つことが大切で、それも養生のために重要な時期なのです。働くことが適当な時期に来ているのかどうかは、主治医とよく相談してください。

精神障害者自身あるいは家族だけでなく、周囲の人特に雇用している事業所の方にもその事をよく理解して、精神障害を持つ人が働きながら普通に暮らしていける社会になるように、ご協力をお願いします。

大阪府では、障害者の雇用を促進し、障害を持ちながら働くことを支援するために、各種の助成制度を設けています。くわしくは、こころの健康総合センターのホームページを参照してください。

現在、精神障害もちながら就労している方のおられる事業所では、労働省職業安定局高齢・障害者対策部が作成した、「精神障害者雇用管理マニュアル―精神分裂病を中心として―」が参考になると思います。

ページの先頭へ