OAPC(Osaka Association of Psychiatric Clinicks) since 1970 公益社団法人 大阪精神科診療所協会

  • HOME
  • 資料
  • 就労を支援する制度(大阪府)

資料

就労を支援する制度(大阪府)

大阪府下のハローワーク(公共職業安定所)では、精神障害のために就労に困難をもつ方のためにいろいろなサービスを提供しています。

  • 就職斡旋、就職後の職場適応指導
  • 障害者向け求人情報誌「ワークワクおおさか」の配布
  • 大阪府内の高等職業技術専門校において職業訓練

窓口

窓口は、いずれもハローワークです。

府民健康プラザ(旧保健所)

府民健康プラザ(旧保健所)では、社会生活適応訓練事業が行われています。

対象となるのは、回復途上の精神障害者(府民健康プラザのグループワーク参加者等) で、職場経験、社会経験を通じて自立を図ることを目的とした制度です。期間は6か月(但し、延長により成果が期待できると認められる場合は3年まで更新可)です。

窓口

窓口は、居住地の府民健康プラザ(堺市,東大阪市にあっては保健センター)。

精神障害者ジョブガイダンス事業

また精神障害者ジョブガイダンス事業として、ハローワークが医療機関等に赴き、就職意欲の高い精神障害者に就職活動に関する知識や方法を実践的に示すためのジョブガイダンス事業を行っています。 これは、個人で申し込むことは出来ません。

窓口

窓口は、大阪労働局職業安定部職業対策課 電話 06-4790-6312

就職のための職業評価、職業準備訓練

就職のための職業評価、職業準備訓練などについて下記のところでも相談に応じています。

  • 大阪障害者職業センター 電話 06-6261-7005
  • 同センター南大阪支所 電話 0722-58-7137

ページの先頭へ